洗顔のタイミング

お風呂の時の洗顔

洗顔が肌を傷める原因に

お風呂で夜洗顔をすると思うのですが、お風呂だとついワシャワシャ洗ってしまいますよね。

 

しかし、そのワシャワシャ洗いはお肌にかなり負担をかけ、肌を傷める原因になっています。

 

 

特に冬の話ですが、冬は寒いのでお湯の温度を高く設定しますよね。

 

40度とか。

 

寒がりやのわたしは冬は42度、43度どいう熱いお湯でシャワーをしてしまいます。

 

 

しかし、そんなに高い温度で顔を濡らしてしまうと、お肌に負担がかかり、乾燥の原因になるそうです。

 

毛穴も広がるし、良いことなしです。

 

ですから、まず大切なのは、ぬるめの温度で洗顔することです。

 

 

それから、シャワーの勢いは速いので、水圧や勢いで皮膚の表面を気づつけて負担をかけてします。

 

ですから、1回1回手で湯を取り、ゆっくり顔に当てる、それを心掛ける必要があります。

 

 

なので、できればお風呂に入る前に、あらかじめ洗面台で顔だけ洗う方がいいそうです。

 

そうすれば、寒くてもお湯の温度を高く設定しませんし、丁寧にできます。

 

シャワーで洗顔すると、ついつい雑になってしまうので、お風呂の前に慌てずに洗顔することをお勧めします。

 

 

さらにクレンジングも洗顔と1回でまとめてできるW洗顔不要のクレンジングを使えば、より肌の負担を減らせます。

 

最近のクレンジング剤ならガンコなウォータープルーフも対応してるので一度試してみてはいかがでしょう。

 

今、もっとも売れているW洗顔不要クレンジングは こちら

 


ホーム RSS購読 サイトマップ